京家元 板金ハンマー21mm

古い名槌が1丁新入荷しました。
昭和50年代まで京都で隆盛を誇った金物問屋「まるた武内商店」のオリジナルブランド「京家元」。
特徴は丸い打面から中央部にかけていったんスッと微妙に細くなっている。(普通はまん中から打面にかけてはテーパー状に太くなっているのに対し。)このへんの工夫は使用上において利点があるはずだが、すでにこのブランドが無くなり45年、当店では不明。もし熟知した専門職の方でご所望あれば幸いです。

京都だから、なのだろうか。他のこれに比べたら明らかに優美なフォルムです。金槌に優美さなど関係ないと言えばそれまでだが、用の美は案外あなどれず、五感、六感に働きかける創造性におおいに影響するのでは・・・。


槌本体全長110ミリ、
打撃面34ミリ径(約)
先部分横幅21ミリ×厚さ6ミリ(約)
まん中の柄貫通部21ミリほど。
樫柄付き全長330ミリ(約)
重量 柄付き 350g

もちろん昔の手打ち手作り品で絶版。
微細なサビ、シミあります。シール古びています。


価格:5,940

在庫数 : 1
注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。